森博嗣のおすすめ本(S&MシリーズとVシリーズ)など紹介

スポンサードリンク



こんにちは、ド素人です。
今回は森博嗣さんの作品について、書いていこうかと思います。ド素人はシリーズ物の作品が好きなので(続きが読めると言うのが楽しみ)森博嗣さんは今では大好きな作家さんです。読み始めたのは、大学生のころだったかな?

最初は、なにやら難しく途中で読むのを断念したのですが……

おすすめシリーズ

シリーズものが多すぎて、ド素人もすべてを読破しているわけではないので、読んだことがある作品のみ書こうと思います。

S&Mシリーズ

  • すべてがFになる The Perfect Insider
  • 冷たい密室と博士たち Doctors in Isolated Room
  • 笑わない数学者 Mathematical Goodbye
  • 詩的私的ジャック Jack the Poetical Private
  • 封印再度 Who Inside
  • 幻惑の死と使途 Illusion Acts Like Magic
  • 夏のレプリカ Replaceable Summer
  • 今はもうない Switch Back
  • 数奇にして模型 Numerical Models
  • 有限と微小のパン The Perfect Outsider

シリーズ名は主人公であるN大の助教授犀川創平とN大の建築学科の学生西之園萌絵のファーストネームのイニシャル、「S」と「M」に由来します。
読んでいると、西之園萌絵が可愛いです。あとド素人は萌絵の友人の反町愛(ラブちゃん)が好きです。

S&Mシリーズの特におすすめは

ドラマ化もされた『すべてがFになる』から読んでみるのがいいかと思います。本格推理小説です。

『幻惑の死と使途』『夏のレプリカ』。奇数章である『幻惑の死と使途』。偶数章である『夏のレプリカ』。この二つはセットで読んだ方がより楽しめるし、面白いです。

ド素人のおすすめは上記3つですが、S&Mシリーズのどの作品も面白いのは間違いありません。
『数奇にして模型』と『有限と微笑のパン』は文庫だとものすごい分厚いので、読みごたえがあり読書好きにはたまらないです!!!

Vシリーズ

  • 黒猫の三角 Delta in the Darkness
  • 人形式モナリザ Shape of Things Human
  • 月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks
  • 夢・出逢い・魔性 You May Die in My Show
  • 魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge
  • 恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits
  • 六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists
  • 捩れ屋敷の利鈍 The Riddle in Torsional Nest
  • 朽ちる散る落ちる Rot off and Drop away
  • 赤緑黒白 Red Green Black and White

シリーズ名の由来は、シリーズの探偵役である「瀬在丸紅子(Cezaimaru Venico)」ファーストネームのイニシャル、Vに由来します。

Vシリーズの方がS&Mシリーズより読みやすい&わかりやすいと個人的には思います。
黒猫の三角から読んでみるのがいいかと……

Vシリーズおすすめ

個人的に『夢・出逢い・魔性』。『恋恋蓮歩の演習』。が大好きです。登場人物の小鳥遊練無(たかなし ねりな)、香具山紫子(かぐやま むらさきこ)が好きです。Vシリーズは無言亭の近所に位置するアパート、「阿漕荘」の住人と紅子が主な登場人物です。

S&Mシリーズを読んでいれば、より楽しめるシリーズかなと思ってます。

Gシリーズ

  • φ(ファイ)は壊れたね Path connected φ broke
  • θ(シータ)は遊んでくれたよ Another playmate θ
  • τ(タウ)になるまで待って Please stay until τ
  • ε(イプシロン)に誓って Swearing on solemn ε
  • λ(ラムダ)に歯がない λ has no teeth
  • η(イータ)なのに夢のよう Dreamily in spite of η
  • 目薬α(アルファ)で殺菌します Disinfectant α for the eyes
  • ジグβ(ベータ)は神ですか Jig β knows Heaven
  • キウイγ(ガンマ)は時計仕掛け Kiwi γ in clockwork
  • χ(カイ)の悲劇 The Tragedy of χ

Gシリーズはまずタイトルがかっこいいです!
ド素人が森博嗣を読み始めたころに、刊行し始めたのがGシリーズだったはず。全12作らしいので、まだ完結してません。

Gシリーズの名前由来は、ギリシャ文字であるGreekから取ったと言われているようです。

主な登場人物は、加部谷恵美(かべや めぐみ)、山吹早月(やまぶき さつき)、海月及介(くらげ きゅうすけ)。萌絵や紅子、犀川先生も登場します。

Gシリーズおすすめ

φ(ファイ)は壊れたねθ(シータ)は遊んでくれたよ。が特におすすめです。
続きが気になるので、最後まで購入して読むつもりだけど、目薬までしかまだ読んでないです……

まとめ

上記以外ではイナイ✖イナイなどのXシリーズもおすすめです。

sara
あたし的に1番おすすめは、S&Mシリーズの幻想の死と使途と夏のレプリカよ!!!

スポンサードリンク