左利きの良い点、悪い(不便な)点

スポンサードリンク



 

自分は左利きです。日本だと人口の12パーセントが左利きらしいです。

学校のクラスだと一人か二人くらいしかいない気がするけど……小さいころは、あれなんか自分みんなと違う。使う手が逆なのかとよくわからないけど、少し落ち込みました。

小学校に上がりたてのころの体力測定でボール投げがあったんですけど、みんな右で投げてるから、右しか使っちゃいけないのかと思い、自分も右投げしました。結果はクラスで一番遠くに投げられない。女の子よりも下だったと思います。

そのクラスの担任はほんとに嫌いで、怪訝な視線を向けられたのを今でも覚えています。あとで友達から左で投げていいんだよって言われました。利き腕使えば遠くに投げれると……担任なら生徒の利き腕くらいわからないのかな……観察力たならすぎじゃないか? 左で投げろって言ってくれればいいのにと思いましたね。

左利きだとハサミも左手用です。自分は、書道も右手じゃなく左手で書けと言われました。左で今まで書いてたものを右にするっていうのはほんとに大変です。習字だけは右で、箸とか他すべては左ですね。

世の中は右利き用に作られています。

左手の人口が少ないから、当たり前なんですけど、左利きからして不便な点をいくつか挙げると、

  1. まず自販機。小銭をいれるのが右側になってるじゃないですか。自分は当然左手側から小銭を投入するのでやりにくい。
  2. 食事の時、座る場所を注意しないと手が当たることになります。外食時など注意してます。
  3. 学生の頃は、ノートを横書きするとき手が汚れてしまいます。今でも横書きするときは汚れちゃいますが。
  4. 車の運転時、ウインカーが最初のころ出しづらい。教習所に通っていた頃、教官にウインカーを左手で出していたら、ものすごい怒られました。変にクロスしちゃってるから、危ないですし、怒られますよね。それから右で出すようになって、車の運転に支障はなくなりました。
  5. 駅の改札が通りづらい。スイカをタッチするのも右側なんですよね。右手でやればいいんですけど、自分は今もなお左手でピッとやっています。

逆に良い点はなんかあるかな……

  • 縦書き時は手が汚れない。
  • スポーツをやるには有利な面もある。野球など左ピッチャーは少ないので、リトルで入部すればほぼピッチャーをやらせてもらえます。
  • 右手もある程度は使えるようになります。
  • あとは目立ちたくなくても目立ちます。今でもたまにサウスポーなんだって言われることがただあります。

それと左利きだった右利きよりも片頭痛を患うことが多いとかいう嫌な記事を目にしたことがありますけど、生まれたとき未熟児だとさらになりやすいとか……はいはい、左利きで未熟児だったみたいです。

sara
今回、あたし、出番ないじゃない!

スポンサードリンク